キャッシング 審査

キャッシング審査の基準や審査に落ちた時の理由とは

審査落ち

キャッシング審査の基準や内容は業者によって細かく違っていますが、共通点もありますから最低限整えておく事があります。

 

多くの業者ではカードローン審査があってクリア出来ればキャッシングを行う事が出来るようになっており、この審査で確認する事は貸したお金を返してくれるかどうか、という返済能力の確認になります。

 

審査に厳しい緩いの差は業者毎にあっても、返済能力の確認を行って返済可能と見なされた場合にキャッシング出来ますから、返済能力を備えている事が必要という事です。

 

そこで、返済能力と言われても何が基準なのか解らないという事になりますが、これは年齢や職業、在籍期間、借金歴等のように客観視可能な部分を集合させて判断する事になり、お金を返してくれそうな見た目、喋り方、信用できそうな雰囲気というような主観で変わるような要素で業者はお金を貸してくれませんから、あくまで客観的な指標によって判断されます。

 

自分が借りる事が出来るかどうかが不安な場合には、まずは業者の仮審査を受けてみると良いですし、これは審査クリア出来る確証はないものの、審査に挑む事が出来るかどうかを数秒で判定出来るものであり、コンピューターによる自動判定が行われます。

 

年齢や年収や借り入れ件数等の要素を入力すれば一瞬で判定されますし、仮審査の後に本審査が行われる事になり、この本審査にクリア出来れば契約の範囲内でキャッシングが出来るようになります。

 

審査に落ちた場合は理由を聞いても教えてもらえませんから、審査に落ちた時は現在の借り入れ件数が多すぎないか、就職して日が浅くないか、過去の借金歴で延滞や滞納、債務整理経験が無いかといった要素を検証して改善する事が必要です。

 

基本的には成人以上で在籍年数が長くて安定した職業で年収が高く、借金歴に傷が無い方が審査に通りやすいモデルになり、そこに近づけていく事が審査クリアのコツとも言えますから、審査落ちした時は自身が信用される状況かどうかを整理すると良いです。

 

こうした審査は業者によって基準が違いますから、大手銀行で審査落ちしても消費者金融で通るという事がありますし、大手消費者金融で通らなくても中小消費者金融の場合は通るというように、審査の柔軟性は業者によって変わり、基本的には高金利な業者で社会的信用が低い所の方が積極的に融資を行ってくれます。

 

中小消費者金融では過去の返済歴で傷があっても相談に応じてくれる傾向がありますし、業者側としても大手業者で落ちた客を迎えていかないと経営が成立しないという事情もありますから、通りやすい業者を使って、返済を確実にこなして信用を高めてから大手業者を使うという方法もあります。

 

審査条件は変わるものの、基本的には返済能力の確認と言う事は大手でも中小業者でも同様であり、その厳しさに違いがあるという事ですし、審査に落ちた時には落ちた理由を細かく教えてくれる事は無いものです。

 

 

より良い条件で借りる為に比較して利用するキャッシング

 

キャッシングは、消費者金融会社や信販会社などが提供している個人向けの融資サービスですが、これらを比較しますと、金利が異なっていたり、ある条件下で一定期間利息が発生しないようにしたりというように、細かい部分で違いがあります。

 

この違いを利用する事で、利用者はより良い条件で借入れをする事が出来ます。一定期間利息が発生しないという仕組みを採用している金融会社を選択して利用する場合、その条件を確認しておきます。

 

多くの場合、初回利用者に限定されており、利息が発生しなければ、ほぼ元金を返済すれば良いという事になります。返済総額は、返済の仕方や利息の利率によって変わってきますので、返済の方法を十分に考慮する事が大切です。

 

返済方法としては、一括返済と残高リボルビング方式による分割返済があります。一括返済をすれば、利息は一度だけ発生するだけで済み、返済総額は少なくて済みます。

 

一方で、残高リボルビング方式による分割返済の場合は月々の返済額は少なくて済みますが、分割回数が多ければ、毎回利息が発生しますので、返済総額が高くなってしまいます。

 

利息は上限金利が適用される事が多いですので、上限金利が低い業者を選択すれば、返済総額を下げる事も出来ます。条件が良い業者選びがキャッシングを有効活用するのに欠かせない要素となっています。

2017/09/10 13:04:10 |
キャッシングは限度額制のことがほとんどで、例えば30万円の限度額で契約を行った場合、その範囲内で自由にキャッシングを行うことができます。この限度額を増やすには、利用しているキャッシング会社に限度額の増額を希望し、その審査に通過できれば増額することができます。契約時の限度額から増額するには、少なくとも半年の利用経験が必要です。また、これまでに返済の延滞が一度もないことも重要になります。日頃よりきちんとキャッシングを利用していると判断されないと増額は難しいということです。また、昇給によって給料が上がった場合、それを証明できる書類(源泉徴収票や給与明細票)を提出するとスムーズに増額を受けられるかも知...
2017/05/11 10:39:11 |
消費者金融や信販会社からの借入が多い場合、複数の借入を一本化する方法により、利息制限法に基づく上限金利が厳しい100万円以上の利用限度額へ借り換える人が少なくありません。与信力が十分にあれば、新たな借入先としておまとめローンを利用しなくても、新規にカードローンを組むことが出来るでしょう。しかし、低金利で知られている銀行カードローンは、余程他社からの借入が少ない場合を除いて、審査を慎重に行なう傾向があります。そこで、同じ利用限度額で低金利な銀行カードローンへの借り換えを行ってはどうかと考える人がいます。金利差が5%もあるならば、確かに借り換えを行なうメリットは高いでしょう。金利差が少ない状況で、...
2016/12/30 13:56:30 |
多重債務で毎月の返済に苦労しているかた、おまとめローンはご存知ですか。おまとめローンとは多重債務者向けの借り換えローンで、何日もあった返済日を1日にまとめることができたり金利を低くすることができるローンです。おまとめローンを取り扱っているのはカードローンと同じく銀行や消費者金融になります。銀行と消費者金融ではどちらのおまとめローンを利用すればおとくなのでしょうか。まず、銀行のおまとめローンは銀行だから安心、低金利で借り入れが可能、保証会社がおまとめローンに強いというメリットがあります。また消費者金融のおまとめローンは高い審査通過率、おまとめローン専用商品があるなどのメリットがあります。おまとめ...
2016/09/15 18:48:15 |
大手インターネット銀行の楽天銀行が取り扱っているカードローンは、総量規制対象外のキャッシング商品であるため、年収の3分の1を超過するキャッシングも可能となっていますし、配偶者に安定した継続的な収入があれば専業主婦も申込可能となっています。但し、専業主婦が楽天銀行カードローンの申し込みをする場合は専用フォームからの申し込みとなりますし、契約時の条件なども仕事をしている人とやや異なります。専業主婦が楽天銀行カードローンに申し込みをする際の注意点などについてみていきましょう。まず、申込条件ですが、日本国内に住んでいて年齢が20歳から60歳までであれば申込可能となっています。また一般的なカードローンの...
2016/07/22 17:58:22 |
過去に数社からキャッシングのお世話になった事があります。理由は当時無職で就職活動や日々の生活にどうしてもお金が必要だったからです、今となっては確実に審査は通りませんが私がキャッシングを行った当時は今と違って審査は緩く、比較的すぐにキャッシングができたものです。数社から借りた額は少額で、最悪日雇いでもして支払って行こうと思ったのですが、すぐに就職が決まり、それ以降キャッシングは行っていません。返済はと言うと、最初の1ヶ月はさすがにキャッシングした金額の中から返済を行いましたが、その後は毎月の給与から支払っていきました。しかし人間ですから毎月のうっかりと支払いを忘れてしまう事だって一度や二度ではあ...
2016/05/17 16:17:17 |
何かと評判の悪い総量規制ですが、消費者金融で取り扱っているすべてのキャッシングにこの規制があるわけではありません。一部のキャッシング商品はこの対象外です。消費者金融でも対象外のキャッシングサービスを提供していることがあったり、対象外にしないと意味がないキャッシングサービスもあるのです。まず、1つ目は事業用のローンです。これは主に個人事業者が事業用資金を借りるためのカードローンです。銀行では法人形態にしていないとローンの審査すらしてくれないことが多いのですが、消費者金融であれば事業規模や内容に応じたカードローンの提供をしてくれます。総量規制の目的は生活資金の借入を制限するものですから、対象外とし...
2016/01/10 13:41:10 |
キャッシングで融資を受ける為には、まずはりようしたいキャッシング会社に申し込みをします。すると各社で融資の審査が開始され、早い会社ならわずか30分程度で審査結果の連絡が来ます。審査で融資が可決されていれば融資契約を結ぶことができ、必要な金額の借り入れ申し込みをして融資を受けることができます。どこのキャッシング会社を利用しても、基本的にはこの流れに沿って融資を受けることになります。さて、現在のキャッシング会社では様々な申し込み方法や契約方法、それに多様な借り入れ方法が用意されています。これらの組み合わせ方や申し込みのタイミング次第で、実際にお金を借りるまでに要する時間にも少し違いが出て来ます。最...
2015/12/06 22:50:06 |
お金が急に必要になった、さらには今月お金を使いすぎてピンチだという人にとって頼りになるのがキャッシング、カードローンといったサービスです。キャッシングの場合には審査も早く、申し込んだその日のうちにお金を借りることができます。とはいえ、キャッシング、カードローンのどちらも欠かせないのが審査です。では、審査の際にお金の用途は聞かれるのでしょうか。そしてそれはどれほど重要なのでしょうか。今日はその点について記したいと思います。まず、なぜ消費者金融が審査を行うのでしょうか。それは借り入れる本人のお金の用途を知りたいからではありません。本人に返済能力があるかどうかを判断するためです。それで、消費者金融の...
2015/10/08 11:27:08 |
どうしても急ぎでお金が必要になるということは、長い人生の中では何度か訪れるものです。そうした時に、友達や家族に頼れない場合にはキャッシングやカードローンという事が頭に浮かぶでしょうが、利用経験の無い方にとっては審査や在籍確認など不安なことも多いでしょう。またこうしたキャッシングやカードローンに申し込んでも審査から実際にお金を受け取れるまでにどれくらいの時間を要するのかも全く想像出来ないと思います。この記事ではそうした方々を対象に、平均的なキャッシングでの申し込みから審査までの手順と所要時間、そして実際に現金を手にするまでの所要時間を解説しています。キャッシングと言っても銀行系・消費者金融系など...
2015/09/22 13:39:22 |
キャッシングを利用する人が不安に感じることは審査を無事に通過するかどうかです。特に専業主婦の場合、キャッシングを利用することができるのでしょうか。今日はその点について記したいと思います。まず、最初におさえておきたい知識は総量規制というものです。これはどういう意味なのでしょうか。実は貸金業法に総量規制というものが導入されました。これは個人の借入可能額が年収の3分の1までに制限されるという制度です。つまり、消費者金融でお金を借りる場合には年収がないといけないということです。その点で非常に不利なのは専業主婦です。専業主婦の場合には年収がないからです。年収がないと当然借り入れできる金額もゼロと言えます...