キャッシング 電話確認

キャッシングをするというときには、審査の後などに必ず勤務先に在籍確認の電話というものが入ります。

 

やはりお金を貸す側としても、本当にその勤務先で働いていて、返済ができるだけの収入がしっかりとあるのか、ということは確認をしないといけません。そうしないと、貸したはいいものの返済がないということがおこってしまいます。そんなことが頻繁におこってしまっては、会社としても成り立ちません。

 

しかし必ず勤務先の会社に電話連絡がいくということで、会社に自分がキャッシングをしようとしていることがバレてしまわないか不安に思っているようですが、結論から言ってしまうとその可能性はとても低いと言えるでしょう。
なぜなら、電話ごしでの会話はとても短いためです。しかも電話ではキャッシング、カードローン、金融などそういったワードは一切口にすることはありません。担当者が個人名で電話をかけてくれますから、その電話からキャッシングの在籍確認だと判断されることはまずないと言えるでしょう。

 

電話の内容としては、ようは本当に本人が会社にいるのかを確認できればいいわけですから、基本的にはその本人の名前を出して「そのようなものは我が社にはいません」と言われなければその場に本人がいる必要もありませんし、5分とかからない作業になります。

 

またこういった在籍確認の電話というのは、なにもキャッシングに限って行われるというものでもありません。クレジットカードなどにおいても、こういった本人確認というのは必要になってきます。クレジットカードなどの場合にも同様に電話にて特に会社名などを告げることなく確認をすることもあります。

 

ですから、仮に電話に出た人がそれが在籍確認の類の電話だと気がついたとしても、クレジットカードであったり住宅ローンか何かかな、と思う程度でしょう。いきなりそれが原因でピンポイントでキャッシングだと疑われるということは、まずないと考えられます。

 

ですから、小さな会社であっても、自分がキャッシングをしているという事実がこの電話確認にてバレて広まってしまうということはまずありませんから、その点は安心をなさってください。

 

もしも不安な場合には、前述の通り何も電話確認をするのはキャッシングだけではありませんから、クレジットカードだったり住宅などのローンの在籍確認の電話があるかもしれませんと、あらかじめ会社の人間などに言っておくのも一つの手だと言えるでしょう。本来はそこまでする必要というのはありませんが、不安な場合にはそういった工夫もあるのだということは覚えておいて損はないと言えるのではないでしょうか。

 

まとめますと、会社への電話は本人の在籍を簡単に確認するものであり、担当者の個人名にて短時間で行われます。金融会社などの名前を出すこともありませんし、会社にはまずバレることはありません。ですから、それほど心配をしてしまう必要はないということが言えるでしょう。どうぞ参考になさってください。