キャッシング 審査

お金が急に必要になった、さらには今月お金を使いすぎてピンチだという人にとって頼りになるのがキャッシング、カードローンといったサービスです。キャッシングの場合には審査も早く、申し込んだその日のうちにお金を借りることができます。とはいえ、キャッシング、カードローンのどちらも欠かせないのが審査です。では、審査の際にお金の用途は聞かれるのでしょうか。そしてそれはどれほど重要なのでしょうか。今日はその点について記したいと思います。

 

まず、なぜ消費者金融が審査を行うのでしょうか。それは借り入れる本人のお金の用途を知りたいからではありません。本人に返済能力があるかどうかを判断するためです。それで、消費者金融の業者が注目するのはお金の用途ではなくて、仕事や収入です。

 

とはいえ、ある場合にはお金の使用用途が注目される場合もあります。例えばどんな状況でしょうか。もし、現在幾つかの消費者金融からお金を借り入れている場合、新たな借り入れを申し込んでいると、業者のほうから使用用途について細かく聞かれる場合もあります。当たり前ともいえますが、業者は本人が本当に返済できるのかを確認したいのです。ただ、他の消費者金融から借りたお金の返済に回すためにお金を借りたいのかどうかを知りたいのです。さらに、キャッシングやカードローンは一般のローンと比べて小額のローンとなるので、用途についてはそれほど気にされません。

 

とはいえ、一般的に新規で申し込む場合にはそれほど重要な要素とはならないので、それほど深く考えたり、心配したりする必要はありません。では、私たちが審査を受ける際にどんな点に注意しておく必要があるのでしょうか。

 

それは先ほども挙げたとおり、仕事と収入です。例えば、仕事について考えて見ましょう。仕事はどういう職種だと審査に通りやすいのでしょうか。やはり審査に有利なのは正社員です。なぜでしょうか。それは正社員であれば毎月安定した収入を得ていることになるからです。その一方でアルバイトやパートは立場が弱く、信用度は比較的低いといわざる得ません。とはいえ、仕事の場合にはもう一つ関係しているのは勤務年数です。勤務年数が長ければ長いほど信頼されやすいくなります。それで、例えパートやアルバイトだとしても、勤務年数が長ければ長いほど、審査には有利になるので、あきらめる必要はありません。

 

さらに、重要な要素となるのは収入です。収入も多ければ多いほど有利です。しかし、だからといって最初の申し込みの際に、借り入れ限度いっぱいの金額を借り入れ希望しないようにしましょう。最初の審査の時には、できるだけ借入額を小さくするほうが審査のハードルが下がります。

 

このように、キャッシングやカードローンではお金の用途はそれほど重要ではありません。むしろ、仕事や年収のほうが重要です。それで、申し込む際にはどこか信頼されない部分がないだろうかと自分を分析してから審査に臨むと良いと思います。