キャッシング借り換え

消費者金融や信販会社からの借入が多い場合、複数の借入を一本化する方法により、利息制限法に基づく上限金利が厳しい100万円以上の利用限度額へ借り換える人が少なくありません。与信力が十分にあれば、新たな借入先としておまとめローンを利用しなくても、新規にカードローンを組むことが出来るでしょう。

 

しかし、低金利で知られている銀行カードローンは、余程他社からの借入が少ない場合を除いて、審査を慎重に行なう傾向があります。そこで、同じ利用限度額で低金利な銀行カードローンへの借り換えを行ってはどうかと考える人がいます。

 

金利差が5%もあるならば、確かに借り換えを行なうメリットは高いでしょう。金利差が少ない状況で、本当に借入を行っても良いのか判断が難しくなる理由は、利息の計算方法にあります。

 

複数の借入先があり、返済が苦しくなった時に借りては返すを繰り返してしまうと、借金が雪だるま式に増えてしまうことはよく知られています。利息は元金に金利と日数を掛けた金額で計算されますが、あくまでも金利がかかるのは元金のみです。

 

他社から借入をして返済に回してしまうと、元金だけでなく利息分まで借入を行ってしまうことになるので、単利が複利になってしまうわけです。金利差が少ない状態で銀行カードローンへの借り換えが得になるかどうかは、詳しく返済計画を立ててみないと分からないでしょう。