限度額の増額

キャッシングは限度額制のことがほとんどで、例えば30万円の限度額で契約を行った場合、その範囲内で自由にキャッシングを行うことができます。

 

この限度額を増やすには、利用しているキャッシング会社に限度額の増額を希望し、その審査に通過できれば増額することができます。

 

契約時の限度額から増額するには、少なくとも半年の利用経験が必要です。また、これまでに返済の延滞が一度もないことも重要になります。日頃よりきちんとキャッシングを利用していると判断されないと増額は難しいということです。

 

また、昇給によって給料が上がった場合、それを証明できる書類(源泉徴収票や給与明細票)を提出するとスムーズに増額を受けられるかも知れません。

 

契約時の限度額はその時の年収によって判断された部分も大きいので、その年収が増えれば限度額に影響する可能性があるからです。

 

この限度額の増額の申込みは各社の問い合わせ用の番号まで電話を掛けて希望するのが基本ですが、大手消費者金融では会員専用ページからも行えます。

 

自分から希望するだけでなく、優良顧客と判断されれば利用しているキャッシング会社の方から「増額しませんか?」いう連絡があり、それによって増額できることもあります。

 

この連絡を受けてから増額の申込みを行った場合はまず問題なく増額することができますが、自分から希望した場合には希望が通らないこともあるので、その時にはもう少し利用期間が長くなってから再び希望する、または昇給があって収入が増えた際などに希望してみてください。