キャッシング 限度額

誰しもまとまったお金が必要になる場面は必ず訪れます。
そんなときに便利なのがカードローンのキャッシングですが、審査や限度額について不安をかかえ、なかなか借り入れに1歩踏み出せない方がほとんどでしょう

 

そこで今回は、以下の質問を参考に借り入れの限度額や必要書類について簡単にご説明いたします。

 

 

【質問】

 

はじめてキャッシングに申込みしようと思っています。借りられる限度額って、いくら位までなのでしょうか?

 

 

単刀直入に申し上げますと、借り入れできる限度額は人それぞれです。
日本には総量規制というものがあり、これにより消費者金融や銀行から借り入れできる限度額は年収の1/3と定められています。

 

 

毎月の給与手取りを20万円として考えてみると、年収は240万円、そこから1/3となると80万円となります。

 

こういった具合にあなたの年収をあてはめて計算すると、借り入れ限度額がわかります。

 

 

ご注意いただきたいのがこの借り入れ限度額は総量の限度額であり、各消費者金融からそれぞれ80万円借り入れできるわけではありません。

 

例えば1社目で50万円借り入れし、2社目で20万円借り入れしした場合は残りの借り入れ限度額は10万円となり、それ以上借り入れすることは不可能となります。(ただし例外的に借り入れできる場合もあります)

 

 

さらにご注意ただきたいのが、限度額が80万円だからといって、必ずしも80万円きっちりと借り入れできるとは限りません。

 

 

消費者金融は審査においてあなたが信用に足る人物かどうかを判定しますが、この審査で好印象を与えられない場合借り入れは80万円に到達することはありません。

 

ではどういった方が審査に有利なのか?それは以下の方々です。

 

 

 

・独身者である

 

既婚者の方と比べ経済面に余裕があるということから有利です。

 

 

 

・固定電話を持っている

 

携帯電話しか持っていない方に比べ、連絡が急につかなくなる可能性が少ないことから。

 

 

 

・勤続年数が長い

 

職場の勤続年数が長いほど、連絡が急につかなくなるという可能性が少ないということから。

 

 

以上の方々は審査において有利になります。

 

 

 

それでは借り入れに必要なものとは何でしょう?

 

一般的にが身分証(免許証や保険証)さえあれば借り入れすることは可能です。

 

しかし借り入れ金額が50万円を超える場合、収入証明書の提示を求められます。

 

 

 

収入証明書とはあなたの前年度の収入を証明するものです。

 

公務員や会社員のかたであれば、これに該当するのが源泉徴収であり、自営やアルバイトの方は前年度の確定申告の際にもたった控え、もしくは役所で発行してもらえる住民税証明がこれに該当します。

 

 

50万円未満の借り入れであっても、この収入証明の提示を求められる場合もありますのでご注意ください。
以上が借り入れの際に必要な書類になります。

 

 

 

いかがですか?思ったより簡単に高額な借り入れができる日本の消費者金融。
だからこそ、ご利用はあなたの経済状況や利用目的としっかりと相談した上でご利用願います。

 

 

キャッシングのプロミス店舗
http://mobanavi.org/promise/