キャッシング 審査

どうしても急ぎでお金が必要になるということは、長い人生の中では何度か訪れるものです。そうした時に、友達や家族に頼れない場合にはキャッシングやカードローンという事が頭に浮かぶでしょうが、利用経験の無い方にとっては審査や在籍確認など不安なことも多いでしょう。

 

またこうしたキャッシングやカードローンに申し込んでも審査から実際にお金を受け取れるまでにどれくらいの時間を要するのかも全く想像出来ないと思います。

 

この記事ではそうした方々を対象に、平均的なキャッシングでの申し込みから審査までの手順と所要時間、そして実際に現金を手にするまでの所要時間を解説しています。

 

キャッシングと言っても銀行系・消費者金融系など幅広い種類がありますが、比較的短時間で審査が終了するのは消費者金融系のキャッシングです。これらの利便性はインターネットの登場と共に劇的に向上しているので、従来ではありえなかったほどの審査スピードになっています。これまでの審査方法としては街中の無人契約機を利用する方法や郵送による審査書類のやり取りなどがありました。しかし、この方法では物理的に配送のやりとりにかかる時間や書類の整理時間などでかなり長い審査期間が必要でした。

 

これまではこうした審査手順だったので急ぎでの資金用途には中々対応できなかったのですが、最近ではネット上で必要事項を書き込む事で審査を依頼出来るようになりました。

 

勤務先への在籍確認などがあるので、機械的に一瞬で終わるという訳には行きませんが早いところだと最短で30分で審査が終わる金融機関もあります。その他の金融機関でもおよそ半日で申し込みから審査までを終える事が可能です。しかし、銀行系のカードローンなどの場合にはやや審査時間は長めになる傾向があります。それでも当日か翌日中には審査結果が確認出来るので、早急な資金ニーズにも十分対応が可能です。

 

しかし、これはあくまで審査に通過したというだけなので、すぐに現金を手にできる訳ではありません。免許証や保険証などの本人確認書類を提出しなければ最終的に借入を行うことは出来ません。しかし、これまでこの本人確認書類の提出で郵送時間の関係上日数を要していたのですが、最近ではスマートフォンの専用アプリなどで画像として提出出来る金融機関も増えてきました。

 

こうしたスマートフォンによる本人確認書類のアップロードを利用すると、最短で審査終了後からおよそ30分ほどで借入れを行うことが可能です。これはカードによる引き出しではなく、指定した口座による入金での最短時間ですが、口座振込みを利用したくない方ではカードの到着を待つ必要があります。しかし、近所に自動契約機がある場合にはネットで手続をした上で向かうと、簡単な手続きですぐにカードの発行を行うことが出来ます。

 

このように審査方法や必要書類の手続き方法などを徹底的にオンライン化・簡易化することで最短で約1時間で現金を受け取ることが可能です。急な資金用途の時にはぜひこうした方法を駆使して、素早く現金を手にして下さい。