カードローン審査 年収

カードローン審査では返済能力が高いという事は重要な要素であり、返済能力が業者基準であるとみなされる事で審査に通ります。

 

もちろん返済するという事はお金を持っている事が必要であり、業者は貯蓄額ではなく月々の収入がある事を重要視する事になります。
ですから無職で無収入状態ならば原則としてカードローン審査には通らないですし、当然ながら安定した職種で年収が高い人は審査に通りやすくなります。

最低限必要な年収という考え方よりも、審査に通りやすい傾向にある消費者金融の総量規制では、年収の3分の1以上の借入は出来ないようになっていますから、年収の3分の1以上の借り入れを行わないという事は一つの基準になります。

 

 

収入が少ないバイトの方でもカードローンは利用出来ますし、バイトやパート、派遣等も安定的に入って来る収入の流れと言えます。

 

 

小口のキャッシングの場合は収入証明書を提示する必要も無く借金出来ますから、年収を伝える必要がなく、あくまで収入の流れを持った場所に在籍している事を確認される事になり、大きな融資を受ける時には収入証明書が必要になりますから、どうしても年収を問われる事になります。

 

 

収入証明書が必要な線引きとしては、一社辺りから50万円、複数社合わせて100万円を超えるような借金を行う時であり、他にも車を買ったりリフォームしたりというお金を借りたい時にも収入証明書が必要となります。

 

 

小口キャッシングの場合は年収よりも収入の流れを持っている事が重要ですし、大きな融資を受ける時には返済能力を証明出来るだけの収入が必要となります。

 

 

例えば収入が高くても自営業の場合は収入が不安定と見なされて、融資額を低めにされる事もありますし、安定した職種として公務員や上場企業の社員等は評価されやすいものです。

 

 

例え高収入で在籍年数が高くて地位もある公務員でも、すでに借金が多くあったり、過去に返済トラブルを起こしている時は審査で慎重に判断される事になりますし、普段から支払関係は期日までに行う事や、借入件数を増やした状態で申込みを行わない事が必要です。

 

 

カードローン審査を短期間でいくつも行う事もチェックが入りますから注意が必要ですし、基本的には収入の流れがあって過去の返済歴に傷が無くて、借入件数も少ない方が有利になります。

 

 

一言で言えば貸し倒れリスクの少ない利用客が望ましいという事であり、信用情報が高い事が重要になります。

 

 

審査申込みではネットを利用しても店舗に行っても行なえるようになっており、これはどちらを選ぶかによって有利という事はなく、求められる個人情報を提出したり、虚偽が無い情報を出す事が重要であり、職業や過去の借金歴等は業者は調べれば解りますから、虚偽情報を審査で出さないようにしましょう。

 

 

少し誤魔化そうという心で審査に挑んでも、信用情報として記録が残っていますから、虚偽情報を提示すると審査で警戒されて不利に働いてしまいますから、正しい情報を提示して審査を進めていくと良いです。