キャッシング 専業主婦

キャッシングを利用する人が不安に感じることは審査を無事に通過するかどうかです。特に専業主婦の場合、キャッシングを利用することができるのでしょうか。今日はその点について記したいと思います。

 

まず、最初におさえておきたい知識は総量規制というものです。これはどういう意味なのでしょうか。実は貸金業法に総量規制というものが導入されました。これは個人の借入可能額が年収の3分の1までに制限されるという制度です。

 

つまり、消費者金融でお金を借りる場合には年収がないといけないということです。その点で非常に不利なのは専業主婦です。専業主婦の場合には年収がないからです。年収がないと当然借り入れできる金額もゼロと言えます。ですので、現在専業主婦が消費者金融のキャッシングを利用するのはかなり厳しいと言えます。では、もし専業主婦の人が急にお金が必要になった場合、どうしたら良いのでしょうか。

 

実は、専業主婦でもお金を借りることができる方法は幾つかあります。その中でも比較的安全で安心して借り入れができる方法をご紹介したいと思います。それはいったいどんな方法でしょうか。

 

実はその方法は銀行のローンです。銀行のローンは先に触れた総量規制の対象外となっています。それで、専業主婦でも利用できる可能性があります。そして、銀行の中にはネットバンキングで利用できるものもあり、場合によってはご主人にも気づかれないように借り入れができます。それで、銀行のローンを利用するためにはまずはその銀行の口座を開くことが重要です。そうすることによって、ある程度の信用を得ることができますし、さらに即日融資で銀行のローンを利用することができます。とはいえ、やはり確実にお金を借りたいのであれば、できるだけ借り入れ金額を小さくして、審査のハードルを下げることがポイントとなります。

 

こうした銀行のローンはキャッシングと違って、金利が低かったり、さらにはポイントがついたりなど、様々な特典があります。また、全国のコンビニにあるATMが利用できるのがほとんどですので、非常に使い勝手がよく、忙しい専業主婦でもちょっと買い物ついでにお金を引き出したりできるというメリットがあります。

 

さて、銀行のローン以外に専業主婦でもお金を借り入れることができる方法はあるのでしょうか。もう一つの方法は配偶者貸付を行っている金融業者のローンを利用するというものです。これは、配偶者の年収でローンが利用できる業者の事を指します。配偶者の年収ですので、総量規制が適用されても、借り入れることができます。とはいえ、この場合には配偶者にもローンを組むことがばれてしまいますので、事前に良い話し合いが必要となります。さらに、本人の書類だけでなく、配偶者の書類も必要になってきますので、申し込みの際に少し手間がかかってしまいます。とはいえ、専業主婦でも審査に通る可能性はあります。

 

このように専業主婦でも2つの方法でお金を借りることができるのです。もし今お金が必要ならぜひ検討してみてください。